So-net無料ブログ作成
検索選択
AFVモデル ブログトップ
前の10件 | -

英国 25ポンド砲 [AFVモデル]

零戦の塗料を買いに行ったらドラゴン製品が店頭価格から20%引きでした。
ではと、その場で即断して、これを買っちゃいました。
傑作といわれたタミヤ製品へのオマージュと言われている新キットです。
R0012425.jpg
ドラゴンに珍しくフィギュアが6体付いていてお得。
中身はちっちゃなパーツがごちゃごちゃとして、やる気が刺激されます。
どうせ今日は雨で塗装には向かないので、こいつの組み立てに取りかかりました。
R0012428.jpg
R0012430.jpg
R0012432.jpg
まだ途中ですが、こいつは組み立てもなかなか楽しめます。
手すりとかレバーだとか細かなパーツが多いけど落ち着いてやれば大丈夫。
てことで、続きはまた後日。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M51 完成? [AFVモデル]

まだ足りないんだけど、一旦は完成ということにします。
R0012231.jpg
R0012235.jpg
R0012232.jpg
R0012229.jpg
砂埃の表現とか試してみたけど、どうでしょうね?
模型誌にM51の作例が載ってますけど、みんな仕上げが違うんですよね。
そういう自由度が広いところがミリタリー模型の良いところです。
それにしてもM51は作りやすかったなぁ。
nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イスラエルの戦車兵(台詞付き) [AFVモデル]

R0012127.jpg
戦車長「こらぁ、そこの新兵!もたもたしてねーで、さっさと荷物運ばんかい!」
装填手「荒れてんなぁ、軍曹。」
戦車長「てめぇ、何度言ったら分かるんだよ!そっちじゃねーだろ!」
装填手「無理ないよ。奥さんが家出してもう一週間だもん...。」
戦車長「オラッ!ゴラァ!」
装填手「でもその奥さんが俺んちにいるなんて、口が裂けても言えねーよ...。」
nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

イスラエルの戦車兵 [AFVモデル]

この写真に台詞をつけてください。
R0012115.jpg
なーんて。
すみません、まだ塗装中です。
服を塗る塗料がないので今日はここまで。
M51に乗る予定のイスラエルの戦車兵で、左の大げさなポーズがコマンダーで右がローダー。
こいつら仲悪そうだな...。
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M51スーパーシャーマンにデカールを貼る [AFVモデル]

デカールを貼り、ちょっとずつ「らしく」なってきました。
R0012078.jpg
世代的に「3番」てのが引っかかってこいつにしました(^^)
まだ車外装備品は塗装してません。
車体も部分的に調整が必要です。
お楽しみはここからです(笑)

ちなみに私の場合、デカール貼る時は、
クリア吹き付け→デカール貼り→軟化剤→水洗い→全体に艶けしクリア
という順です。
肝心なのは最初のクリアで、これやらないと後でデカールが浮きやすくなります。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

M51 スーパーシャーマン その後 [AFVモデル]

入院している間、ソネブロにログインできませんでした。
いつの間にかIDが変更されてたのを知らなかったんですね。
ソネブロからは知らせが来てたみたいだけど、良く読んでなかった。
つまり自分が悪いんだけど、なんかすっきりしないなー。

さて、社会復帰して模型のほうも再開です。
昨年暮れから始めたM51スーパーシャーマンです。
R0012044.jpg
R0012043.jpg
R0012042.jpg
キットの指定色は缶スプレーのライトサンドなんだけど、そのまま塗ったら綺麗すぎる。
下地にオリーブドラブを吹き付けてブラックシャドー吹きして、ライトサンドを缶スプレーからビンに出してエアブラシで吹き付けました。
濃度薄めで遠目に吹き重ね、ムラで下地が透けるようにしてあります。
写真はまだちょっと塗り足りないけど、グレーがかったサンド色になって雰囲気は悪くないです。
実車についてはよく分かってないので自己満足ですけどね。
一応、基本が出来たので、ここからウェザリングなんぞで仕上げていきたいと思います。
nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ディッカーマックス [AFVモデル]

あぁまたプラモを買ってしまいました。
トランペッターの1/35ディッカーマックス(よく分かりません)。
定価の7割引で1000円ちょい。安いからって、買わなくていいのに(自戒)。
R0012025.jpg
パーツがやたら多いと思ったら履帯はランナーから切り出して一個ずつ連結する方式でした。
面倒くさそうだ。ってそれは禁句ですね。
トランぺッターというメーカーは元々金型屋で精密再現は真骨頂です。
R0012030.jpg
アルミ製の砲身が付いてます(105mm砲です)。
これだけで元を取ったようなものです。
R0012028.jpg
えー、実車はⅣ号戦車をベースに試作が2台作られただけで量産されなかったとか。
でもその2台は東部戦線に投入されて実戦に参加している、ですと。
と、こいつのことは殆ど知りません。
それでこれは一体、いつ作れるんだろう?
そろそろミリタリーは打ち止めにしたいんですけど...。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東部戦線のティーガー [AFVモデル]

ミリタリーものの模型作るとき、歴史的背景も知っておきたいと、いろいろ資料も集めてます。
WWⅡのドイツ軍関係についてはいろんな文献がありますが、最近、入手したのは次の本。

東部戦線のティーガー―ロストフ、そしてクルスクへ (独ソ戦車戦シリーズ)

東部戦線のティーガー―ロストフ、そしてクルスクへ (独ソ戦車戦シリーズ)



ティーガーⅠといえばドイツ軍の象徴みたいなもんです。
プラモの世界では常に人気筆頭です。
R0011350.jpg
(↑これ、前に作った極初期型。車長ハッチが紛失してます...)
しかし、ティーガーはそもそもはヒトラーの趣味みたいな側面があり、でかくて重いせいで、当時最強の88mm砲を搭載したのに、真価を発揮できた場面は限られていました。
故障の多さもさることながら、泥にハマるは、坂から滑り落ちるはで前線部隊は大変でした。
(あれじゃ戦えませんと訴えた指揮官をヒトラーは左遷しています)
見た目は強そうで、実際に強いけど、実はヘタレな面も...。
もしかしてティーガー戦車の魅力というのは完璧ではなかったからなのかな?なんて思うのです。

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ タイガーI極初期型

1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ タイガーI極初期型

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

機関銃兵 [AFVモデル]

こんなのを作りました。
R0011976.jpg
写真が暗めで分りにくいけど戦闘服はスプリンター迷彩です。
R0011989.jpg
まだ少し手を入れる必要があります。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - AFVモデル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。